脳と心に秘められた力を使い、自己啓発、能力開発、アンチエイジングなど、心身の充足を図り、誰でもが健康で明るい生活を送れる社会の実現を目指します。

当協会概要

  • HOME »
  • 当協会概要

一般社団法人感覚刺激と脳研究協会の組織概要と、その活動方針についてご紹介いたします。

■このページのTOPへ ■代表理事 ごあいさつ ■理事・評議員 ■個人情報保護方針

はじめに

21世紀、ますます少子高齢化が進み、労働人口が減少するなかにあって、高度な機械化・情報化の進展等私たちを取り巻く環境の大きな変化が、心身へのストレスを増大させているため、それの軽減に向けた取り組みが必須となります。

又、感覚の鈍化によって脳の正常な働きが出来ず、いわゆる脳疲労の状態にあるといわれております。

経済産業省は2006年、将来においても誰もがいきいきと暮らせることを目指して「人間生活技術戦略2006」―五感で納得できる暮らしを目指して―を提唱し、“健康寿命80歳”の実現や高齢者・女性の労働参加、小児の健全な育成の支援、五感で楽しめ納得できる機器・空間・システムの開発を行うために、人間生活技術の効果的な活用を図るとしております。
またこうしたことが、安全・安心で豊かな社会の実現につながると共に、新たな付加価値の創出、経済活動の活性化に繋がるともしております。

このように今後の社会構造の変革に対処するためには、人が本来持っている根幹でもあります感性(感覚)を重視した技術開発が、あらゆる分野で、非常に重要なことと考えられております。

人間の感覚には、視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚・動く感覚等がありますが、そのほとんどが無意識のうちに働いており、この無意識の感覚を、脳が効率的に統合調整することによって私たちは周りのすべての情報を理解し、適切な反応を示すとされております。

この様な事柄を踏まえ、当協会は、五感を通した感覚刺激が人にどのような影響を与えるか、特に脳にどのような影響を与えるのかをシステマティックに検証し、脳力開発への応用や、創造性の育成、あるいは医療分野においても疾病の予防や健康増進に効果を発揮する研究と実践を行うことを目的として設立されたものです。

この事は、退化した感覚を取り戻し、直感や共感といった心の問題にまで及ぶものと考えられます。

■このページのTOPへ ■代表理事 ごあいさつ ■理事・評議員 ■個人情報保護方針

代表理事 ご挨拶

toyoda
豊田 一成

■このページのTOPへ ■代表理事 ごあいさつ ■理事・評議員 ■個人情報保護方針

理事・評議員

●代表理事/豊田 一成(滋賀大学名誉教授、スポーツ心理学者)
●理  事/川嶋 朗(東京有明医療大学教授、医学博士)
●理  事/坂田 英明(目白大学保健医療学部言語聴覚学科教授、医学博士)
●理  事/森際 克子(EW89 シンクロニシティ研究所代表、医学博士)
●理  事/藤田 稔(株式会社フットテクノ代表取締役)
●理  事/田中 利一(株式会社横浜マリノス育成部長)
●理  事/小川 健次(株式会社リエゾンジャパン代表取締役)

○最高顧問/佐々木 正(株式会社シャープ元副社長、現顧問、株式会社ソフトバンク顧問)
○顧  問/浜田和幸(政治学博士、国際政治経済学者)

■このページのTOPへ ■代表理事 ごあいさつ ■理事・評議員 ■個人情報保護方針

個人情報保護方針

■適切な取得
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会(以下、当協会)では、当協会の各種サービスをご利用されるに当たって、個人の情報をお伺いする場合があります。お伺いする情報としては、氏名、生年月日、Eメールアドレス、会社名、電話番号、住所などの個人情報が主なものとなります。また、それ以外にもアンケート調査のため、質問させていただくこともございます。これらの情報は、すべて下記の収集目的に従って、適法かつ公正な手段により収集されます。

■個人情報
当協会で取り扱う個人情報は、以下のものを主としております。
1.電話・ファックス・郵便・インターネットを通じてのお問合せに際して、お客様より提供された個人情報。
2.弊社の各種サービスの提供を行うに際してお客様より提供された個人情報
3.お客様とのお取引、各種サービスの提供の過程で知り得た個人情報

■個人情報の利用目的
当協会は以下の目的で個人情報を利用いたします。
1.当協会のサービスのご提供、ならびにサービスのご案内、契約の履行、社内における調査・研究資料として使用させていただきます。
2.当協会のサービスの向上・改善を目的に、アンケート調査へのお願いをさせていただく場合がございます。
3.当協会では、登録された個人情報を集計し、ユーザープロフィールデータとして、その集計結果を利用することがあります。この際に、利用されるのは集計結果のみで、個人を特定するような情報が第三者に開示されることは一切ありません。

■個人情報の「第三者提供」
当協会は提供された個人情報を、ご本人の同意を得ることなく第三者に提供することはありません。ただし、次の場合はこの限りではありません。
1、法令に基づいて情報の開示が求められる場合
2、人の生命、身体または財産の保護のために必要があると弊社が判断した場合
2、国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が、法令の定める事務を遂行することに対して協力すること、その他公共の利益のために特に必要があると弊社が判断した場合

■個人情報の開示、訂正、利用停止
当協会に提供いただいた個人情報について開示・訂正・利用停止等の申し出があった場合は、遅滞なく対応いたします。開示・訂正等が必要な場合には、当webサイト記載の電話番号もしくはE-mail宛先までご連絡ください。
1.個人情報の開示・訂正・利用停止等は、原則としてご本人からのお申し出のみの受け付けております。お申し出の際にご本人確認を求める場合がございますので、予めご了承ください。
2.個人情報の開示・訂正・利用停止等を代理人の方がお申し出になる場合には、当webサイト記載の電話番号もしくはE-mail宛先までお問合せください。

■個人情報保護のための取り組み
1.弊社では個人情報に関する法令、及びここに記載の個人情報保護方針を遵守いたします。
2.個人情報を適正に利用し、またその保護を徹底するために、法令の改正や社会情勢に応じて、当個人情報保護方針を随時見直し改善いたします。

■このページのTOPへ ■代表理事 ごあいさつ ■理事・評議員 ■個人情報保護方針

お気軽にお問合せください TEL 03-6302-0494 10:30-18:30[ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 All Rights Reserved.